中学生時代の同級生とオナ電した経験

投稿者: | 2018年6月13日

中学生時代の同級生とオナ電(テレフォンセックス)した経験をお話します。
中学生時代の頃は、今のように個人情報の管理は厳しきなかったです。
普通に卒業アルバムに電話番号や住所が最後に掲載されていました。
これを利用して初恋の女の子とテレフォンセックスしました。

その女の子は、中学1年生のときから、気になっていました。
ですが、初恋は実りません。
恥ずかしいことが先にたってしまい、素直に接することが難しかったのです。
良くあるパターンですが気がある女の子に対して、意地悪をするような僕でした。
そんな初恋ですから実はずもありません。

高校になると別々になりましたので、それ以来接触することはありませんでした。
僕も大学生になり実家の福岡に帰省することがありました。
懐かしさもあり中学生の卒業アルバムをみていたのです。
懐かし見ていたら初恋の女の子のことを思い出しました。

恋しい思いが蘇ってくるわけですね。
「今頃、何をしてるのか?」と気になりました。
僕も随分と大人になっているので女の子との交際もあります。
思い切って、卒業アルバムの電話番号にかけてみたのです。
数年ぶりのことですし、僕のことなんて覚えてないだろうかと思っていましたし、何を話すのか不安がありましたが、声を聞いてみたい衝動が勝ちました。

都合の良いことで本人がでました。
僕のことを覚えているか、聞いたのです。
すると懐かしいような感じで「覚えてるよ!」と答えてくれました。
「意地悪をしていてごめんな!」と誤ると「なんで、意地悪をしていたん?」と聞かれたんです。
僕は「実は、初恋だったんや。
自分でもどうしていいのかわからんかった」とその時の思いをカミングアウト。

すると彼女のうれしそうにして、二人の雰囲気は一挙に盛り上がったのです。
セックス経験はありましたし、初恋の女の子に告白した興奮もありました。
どういった展開か今も思い出せないんですが、オナ電をするまでになったのです。

お互いにスッキリしたあと「今も実家に住んでるの?」と聞いたら「地元の大学だからね」と。
「僕は今、実家に戻ってきてるんよ」という展開で翌日、デートすることになりました。
昔の雰囲気とは違って、大人びていて、また惚れちゃった僕。
正式に告白して交際することに。
遠距離なので、もっぱらオナ電でデートを楽しんでます。

突然の元カノからの電話でオナ電した僕!

大学時代に交際していた元カノ。
大学を卒業すると、それぞれの生活サイクルも違ってしまい。
休みが合わずデートもできないので自然消滅のようにして別れることに。
その後、結婚したことを大学の仲間から聞きました。
僕は「結婚してラブラブで暮らしているだろうな」と思っていたのです。

その人妻になっている元カノから、突然電話が入ることになるとは思ってもしませんでした。
大学時代からスマートフォンは何度か機種変しています。
ですが番号は同じです。
元カノの交際していたときから同じですから、相手が消去していない限りは繋がります。

元カノの声は8年ぶりでしたが、すぐにわかりました。
案外と覚えているものですね。
元カノは電話が好きだったから、寝る前はおやすみコールを欠かすことはなかったです。
突然のコールで僕はビックリ。
「どうしたの?」と声をかけると、泣き出してしまう始末。

少しそのままの状態で数分経過。
ようやく元カノは落ち着いてきました。
ご主人が不倫しているようで離婚をしようか迷っているようです。
誰にも相談できないので僕にかけてきたのです。
元カノの性格は僕も知っています。
不倫を黙認して生活することは無理でしょう。
年齢的にもまだ30歳になってませんからやり直しはききますよね。
僕は「離婚したほうがいいと思う」といいました。

すると元カノは「あなたと別れるべきじゃなかった」とか「卒業して疎遠になったけど、やっぱり一番好きだった」と告白されました。
僕も交際していたときのセックスを思い出して、気持ちも盛り上がりました。
離婚前ですが相手は人妻。
しかし衝動を抑えることができずオナ電(テレフォンセックス)をしてしまったのです。

僕も交際相手は3年ほどなかったので性欲があったのでしょう。
元カノが離婚したら、復縁するかもしれないと思っています。

男女が実際の体を合わせて性行為をする場合に、中折れしたりのトラブルがない限りは途中でストップすることはないです。
しかし、テレフォンセックス(オナ電)の場合は違います。
相手のパートナーとはじめてのプレイで、相性が悪いと思ったらオナ電の途中でも躊躇なく切られます。

別に電話を途中で切っても、後腐れ無い人間関係だからとも言えます。
別に気まずい思いをするような柵も現実にはないからです。
またテレフォンセックスをするパートナーは、インターネットでいくらでも探せます。
別にイマイチなリアクションの相手と無駄な時間を過ごすことはありません。
別の異性を探せばいいだけ。

相手がテレフォンセックス初心者の場合は無言シーンが続いて重苦しい雰囲気なることがあります。
初心者を調教したい性癖を持っているならばいいでしょうが、そうじゃなければ先のプレイがどうなるか見えてきます。

セックスフレンドのレベルが同じでないと満足できないことを誰もが経験しています。
そんな不完全燃焼な結果になるならば、最初から別の相手にする選択肢はベストなのです。
逆に言えば、オナ電で途中で退場されないためには、自信がない話し方をしないことです

男女が実際の体を合わせて性行為をする場合に、中折れしたりのトラブルがない限りは途中でストップすることはないです。
しかし、テレフォンセックス(オナ電)の場合は違います。
相手のパートナーとはじめてのプレイで、相性が悪いと思ったらオナ電の途中でも躊躇なく切られます。

別に電話を途中で切っても、後腐れ無い人間関係だからとも言えます。
別に気まずい思いをするような柵も現実にはないからです。
またテレフォンセックスをするパートナーは、インターネットでいくらでも探せます。
別にイマイチなリアクションの相手と無駄な時間を過ごすことはありません。
別の異性を探せばいいだけ。

相手がテレフォンセックス初心者の場合は無言シーンが続いて重苦しい雰囲気なることがあります。
初心者を調教したい性癖を持っているならばいいでしょうが、そうじゃなければ先のプレイがどうなるか見えてきます。

セックスフレンドのレベルが同じでないと満足できないことを誰もが経験しています。
そんな不完全燃焼な結果になるならば、最初から別の相手にする選択肢はベストなのです。
逆に言えば、オナ電で途中で退場されないためには、自信がない話方をしないことです。