親友の彼女とオナ電してしまった僕

投稿者: | 2018年6月13日

僕には親友の岡田君がいますが、彼は女の子にモテるタイプ。
彼女として交際している亜希菜さんがいるのに平気で浮気します。
だから僕が亜希菜さんの愚痴を聞くことも多いのです。
はじめは恋愛の相談をするだけの距離感でした。

けれど亜希菜さんは岡田君があまりデートしてくれないから、浮気していると疑って悩んでいるんです。
僕は岡田君が浮気していることは知ってます。
けれども岡田君を裏切って本当のことを亜希菜さんに話せません。
当然男同士の友情を大事に考えます。
とてもとても告げ口をしたりはないです。

その反面、亜希菜さんを不憫に思うこともあります。
だから、せめて話だけでも聞いて上げようとしていたのです。
その夜もいつものように相談にのってました。
すると亜希菜さんが、岡田君よりも僕のほうが、話も聞いてくれるし優しいし慰めてくれるので、好きになってしまったと告白してきました。

亜希菜さんの感情はうれしいし、理解はできます。
ですが親友の彼女を寝取るなんてあり得ません。
僕は、亜希菜さんは岡田君の彼女だから無理。
交際はできないと断ったのです。
亜希菜さんは「それなら一度だけ抱いてほしい」と哀願してくるのです。
抱いて……それはセックスを意味するニュアンスでした。

僕はSEXすることは岡田君を裏切ることになるからダメと言うと、亜希菜さんは、じゃあオナ電ならいいでしょうと食い下がります。
僕はオナ電をしたことがないですが、ふれ合うことはないので、セーフかもしれないと勝手な判断をしました。後日、岡田君の顔を見たときに罪悪感でいっぱいになりました。
もう、親友の彼女の相談とかしないように決意しました。

オナ電は下ネタからスタート!

最近は肉食系女子も多くなっていますよね。
政治家だってヤリタイ放題ですからね。
女の子の中には、多少の下ネタにもぶりっ子をしなくて、ノリが良く返してくれるタイプも少なくないです。
あけすけな性が当然になっているのかも。
そんなタイプの女の子がいるならば、エロ話からオナ電に誘導するのも可能でしょう。ですが、いきなりオナ電(テレフォンセックス)に誘うと相手は警戒します。

普通の日常会話から、それとなく軽いジャブの下ネタからスタートしてみましょう。
女性のリアクションをみながら、少しハードなものへレベルアップします。
大丈夫そうならば、オナ電を目標にするといいです。
そのものズバリの言葉を発してあげると、相手はドキッとします。
普段聞き慣れないからです。

「最近、一人エッチもワンパターンで、ちょっと違うことをしてみたいけど、どんな風に一人エッチするの?」と話しを切り出してみましょう
「何をネタにして慰めてるの?レディコミとか?女性向けのアダルトビデオなんていうもの流行っているみたいだし」と投げてみましょう。
「ちょっと、おっぱいを触ってみてよ」なんてフレーズも効果的です。

女の子がオナニーをしている音や声を聞きながら一人エッチを楽しみましょう。
これがテレフォンセックスの醍醐味。
それができたらお互いのシチュエーションを決めプレイするのも楽しいです。

大事なことは、相手の女性がテレフォンセックスに抵抗があるかどうかでしょう。
テンションがハイでも実際は性に奥手な女の子もいます。
これまでの性体験もさりげなく聞き出しておくといいでしょう。